メディア掲載
PR

新聞記事掲載情報

けあけあ
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

これまで児童相談所関係で新聞に掲載いただいたものをまとめています。 (更新:2024年1月12日)

2020年

毎日新聞・町野幸、2020年1月20日「児相職員 手探り対応『苦悩』ー「いつか子どもに虐待しそうで怖い」

毎日新聞・町野幸、2020年1月23日 「一時保護所子ども観察記録 職員研修なし45%ー野田虐待死1年本紙アンケ 国の基準なく」

毎日新聞、2020年1月24日「一時保護所の職員研修で加藤厚労相「適切に対応したい」

朝日新聞・山本奈朱香、2020年4月26日、「親が感染したら子どもは誰に? 今から備えておくことは」

2021年

朝日新聞・佐藤瑞季・松本江里加、2021年2月4日千葉面「児相一時保護所『現場は限界』」(紙面のみ)

読売新聞・虎走亮介、2021年2月4日、「企画 一時保護を考える<3>虐待逃れた先 規則の束縛…私語禁止、通学もできず」

読売新聞・虎走亮介、2021年2月27日、「苦しむ親子、支える社会に…反響200件……引き離し、つらい 児相の疲弊知って」

毎日新聞・宮本翔平、2021年3月10日、「県政の課題 児童虐待対策 一時保護所の改善急務 管轄見直しや定員、職員増員を /千葉」

2022年

朝日新聞・高室杏子、2022年1月24日、子どもに向き合えず、募った無力感 元児相職員「ケアする人をケア」

NHK・杉山加奈、2022年2月9日、栗原心愛さん虐待死から3年 児童相談所の現場は

共同通信、2022年7月21日、市川児相元職員が千葉県提訴 人手不足で過酷労働

千葉日報、2022年7月22日、「長時間労働でうつ、退職」元児相職員が千葉県を提訴 「定員3倍の子ども抱え昼休憩取れず」

毎日新聞、2022年7月24日、過酷労働で発症、元職員が県提訴 市川児相 /千葉

産経新聞、2022年8月12日 「過酷な労働環境で精神疾患に」 児相元職員が千葉県を提訴

読売新聞、2022年10月17日、「休憩時間・宿直手当なしでうつ病に」、元児相職員が県に1200万円賠償求め提訴

東京新聞、2022年11月20日、「1歳半のわが子と暮らせず1年余り…やむにやまれず一時保護を求めたシングルマザーの苦悩」

毎日新聞、2022年11月21日、「1人で子ども20人担当 憧れた仕事「もう限界」 元児相職員の叫び」

毎日新聞、2022年11月25日、「激務、うつ 児相職員「限界」 1人で20人担当「保護児と向き合えぬ」 増える虐待通報 人手不足に拍車」

毎日新聞、2022年11月25日、「「子と向き合いたかった」 心折れた29歳元児相職員、うつ病発症 1人で20人担当、5分刻み」

2023年

東京新聞、2023年1月22日朝刊「こちら特報部」、廊下で仮眠、長時間勤務が常態化…虐待された子どもも支える児童相談所の職場環境が過酷すぎる

NHK、2023年4月14日、児童相談所の一時保護所とは?生活の実態 期間は?元職員・入所者の証言

J-CASTニュース、2023年10月18日、「過酷な労働環境で精神疾患」退職に 元児相職員、千葉県提訴から1年3か月「権利救済超え、職員や子どもの環境良くしたい」

J-CASTニュース、2023年10月19日、「夜勤は拘束21時間が通常です」 精神疾患で退職、県提訴の元児相職員が明かす「過酷な働き方」とその原因

2024年

J-CASTニュース、2024年2月18日、「人手不足の千葉児相がアピールする「大きなやりがい」本当か 元職員3人がJ-CASTニュースに明かした労働環境」

運営者について
飯島章太
飯島章太
フリーライター
元児童相談所職員での経験を活かして、子ども・若者のケアに関わる人たちに取材を続けています。著書に『図解ポケット ヤングケアラーがよくわかる本』 。
記事URLをコピーしました