私の雑記
PR

【雨の日に頭が働かない人のためのChat GPT活用法】

けあけあ
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

※この記事Chat GPTにより執筆(構成は飯島

雨の日はなんとなく気分が落ち込んだり、思考が散漫になって、頭が働かない…。そんな悩みを持つ方は少なくないはず。そこで、今回はそんな雨の日に最適な「Chat GPTの活用法」をご紹介します!

1. 「雨の日に頭が働かない」という悩みを相談する

Chat GPTは、ユーザーの悩みや質問に答えることが得意です。雨の日のダルさや頭の働かなさをChat GPTに打ち明けてみましょう。思わぬ助言やアドバイスがもらえるかもしれません。

2. タイピングも億劫?音声入力を活用しよう

「でも、キーボードを叩くのも面倒…」と感じる方には、音声入力がオススメです。近年の音声認識技術は飛躍的に進化しており、非常に高い精度でテキスト変換ができます。スマートフォンやPCのマイクに向かって話しかけるだけで、Chat GPTとのコミュニケーションが可能です。

3. 思考が細切れになる雨の日こそ、思いついたことをすぐメモ

雨の日の散漫な思考は、一つのアイディアやフィードバックの源となることも。思いついたこと、感じたことを一行でもいいのでChat GPTに入力しましょう。その短い一行から、新しい発想や深い洞察を得られるかもしれません。

最後に、雨の日だからと言って頭が働かないことに悩む必要はありません。Chat GPTと一緒に、雨の日特有の情緒や気分を最大限に活用して、新しい発見や知識を増やしていきましょう!

運営者について
飯島章太
飯島章太
フリーライター
元児童相談所職員での経験を活かして、子ども・若者のケアに関わる人たちに取材を続けています。著書に『図解ポケット ヤングケアラーがよくわかる本』 。
記事URLをコピーしました