私の雑記
PR

【うつ病と怒られる感覚】

けあけあ
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

これはうつ病だからなのかよくわからないが、

自分が何をしても「怒られるのではないか」という不安が押し寄せる。

寝ていれば、「寝ているなんて良い気なもんだ」と

美味しいご飯を食べれば、「何良い思いをしてるんだ」と

面白いことがあっても、「いや、お前は笑っちゃダメだろ」

と色んなツッコミが入ってくる。

自分がすること、なすこと全てを否定してくる自分がいる。

これは実は結構強みでもあったりする。

批判的に物事を見つめるときには、かなり役に立つ。全てを疑ってかかることは慣れているためだ。

しかし、その批判が自分に全て降りかかって来るとき、耐えられなり、自信がなくなる。

うつ病から回復しつつある→行動する→自分が否定してくる→やる気がなくなる→うつ病が悪化する→・・・

という悪循環のポイントになっているのは確か。

でも今までこう生きているという思考を考え直すのは難しい・・・

運営者について
飯島章太
飯島章太
フリーライター
元児童相談所職員での経験を活かして、子ども・若者のケアに関わる人たちに取材を続けています。著書に『図解ポケット ヤングケアラーがよくわかる本』 。
記事URLをコピーしました