私の雑記
PR

【「休め」という強迫観念】

けあけあ
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ああ…。久々にこの3日間寝込んだ…。

別に寝込む自体悪くないことだとわかってはいるんだけど、

うつ病が「いやいや、お前ゆっくりしろよ」というブレーキかけてくれているようなものだと思うんだけど…。

どこか否定されているような気もする。

「お前のやっているうつ病対策は甘い。まだまだお前には『休む』ことが必要なんだ。休め休め」と言われている気がする。

一見、甘いささやきのようにも聞こえるのだけれど、私にとってはそうではない。

「休め」ということが何度も脅迫されているように感じる。

逆にいえば、「うつ病なんだから、本来動いてはいけないのだ。周りの目もあるだろう。きちんと休みなさい。」と言われているような感じだ。

その心の声を聴くことも必要だろう。私だって休むときは休む。

でもそれが時に「休め」と命令形になってくるときは怖い。

私は今動きたいのだけれど、

「うつ病なんだから」とか「体が休めと言っているんだよ」とかそれもごもっともな話。

果たしてどれが正しいのだろうか…。

分からないけれど、私は身体に正直になるのがいいかなと思って、今日の夜から動いている。

運営者について
飯島章太
飯島章太
フリーライター
元児童相談所職員での経験を活かして、子ども・若者のケアに関わる人たちに取材を続けています。著書に『図解ポケット ヤングケアラーがよくわかる本』 。
記事URLをコピーしました