私の雑記
PR

【うつ病になるとor薬を飲むと性格が変わる?】

けあけあ
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

上はよく言われることですね。それが怖くて薬を飲めない方もよくいらっしゃるように思います。

私も親しい人から「なんか昔と変わったね」と言われることもあります。

でもそれは病気のせいなのでしょうか?

また薬のせいなのでしょうか?

私が当事者として言えることは、

性格が変わったように見えても、

それは病気や薬のせいではありません、ということです。

実感としては、

確かに私は性格が変わったように見えるかもしれません。

ですが、これは本来自分の中にあった一つの自分だったとも言えます。

そして性格が変わらざるをえなくなったのは、

うつ病にさせた周りの環境に原因があるように思います。

私の場合はそれが職場のことでした。

つまり、私は本来持っていた性格も持ち合わせていたけど、

それを今まで隠しながら生活していた。

が、うつ病にさせるような周りの環境のため(おかげで?せいで?)に、そうした性格にならざるをえなかったと同時に、本来の自分も出せるようになった、ということかなと思っています。

私はうつ病に関して、極端に悪く評価したり、

逆に良いとも評価したりしません。

良いことも悪いこともあります。

ですが、そんな状態も含めて、

今の自分であることを活かそうと思って生きています。

今の性格になった自分を受け入れて、これからも活動していきます。

なんか活動宣言みたいですね 笑。

運営者について
飯島章太
飯島章太
フリーライター
元児童相談所職員での経験を活かして、子ども・若者のケアに関わる人たちに取材を続けています。著書に『図解ポケット ヤングケアラーがよくわかる本』 。
記事URLをコピーしました