私の雑記
PR

【調子が良いとは?】

けあけあ
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

多分今日は調子が良い。

やけに前向きに物事を考えるし、

普段より物事へのやる気が起きている気がする。

しかし時に、

「調子が良い」と思っていたところから、

実はその日は実際には調子が悪かった

という経験を何度もしてきた。

そう考えると、あくまで今日は

「『調子がいい』と思えている自分がいる」と

客観視する必要がある。

その意味は、

躁転を防ぐという意味がある。

「調子が良い」が実は身体が調子が悪いという時、身体を無理に動かしていることになり、翌日以降そのツケが回ってくるということがある。

実はまだ診断名が双極性障害という疑いがあることから、そこら辺は慎重になるべきだろう。

ただ正直言えば、「今日は調子が良いなぁ」と

素直に行動できない自分が悲しかったりする。

常に自分のことを疑って行動しないといけないことが非常にまどろっこしい。

しかし注意しなければ、調子の上下の落差が

非常に致命的になることもある。

めんどくせえなぁ・・・と、

受け入れるしかないかなと思う今日この頃。

運営者について
飯島章太
飯島章太
フリーライター
元児童相談所職員での経験を活かして、子ども・若者のケアに関わる人たちに取材を続けています。著書に『図解ポケット ヤングケアラーがよくわかる本』 。
記事URLをコピーしました