私の雑記
PR

【うつ病患者として、してほしいこと】

けあけあ
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

うつ病のことは本人にしかわからない。

それはきっと私が他のうつ病の人を理解しようとするときも同じ。

私も絶対他のうつ病の人のことを完全には理解できないと思う。

それはどんな相手でも、相手のことはきっと全部理解できないのと一緒。

でもうつ病当事者として、こうしてほしいなというのは、

「私のうつ病をただ見守ってほしい」

ということ。

うつ病だから過度に心配したり、気を使ったり、ましては干渉したりするのではなく、

ただ私のうつ病の行方を見守ってほしい。

それが何よりの支えになる。

でも私としては、心配してくれる人に感謝してるし、心配させている人のことを申し訳ないなと思う。

でも正直うつ病はもうなるようにしかならない。私が今身体が動く方向に、動かない方向に、

ただ身を任せていくしかないんです。

もちろん、過度にお金使いすぎるとか、

仕事辞めるとか大きな決断するとか、

過度にアルコール取るとかは、

止めてほしい。

でもそれ以外は基本的に見守っててほしいなと。

私もなんとか自分を信じてうごいて休んでるから。

それってわがままなのかなぁ・・・

そういえば、私が重度訪問介護してた方が言っていた。

「理解してほしいなら、まず自分から理解しようとしないと」って。

なんか身に染みるなぁ・・・

してほしいばっかりじゃダメだよなぁ。

あ、仕事は別だけど。

そこは配慮してほしい。

運営者について
飯島章太
飯島章太
フリーライター
元児童相談所職員での経験を活かして、子ども・若者のケアに関わる人たちに取材を続けています。著書に『図解ポケット ヤングケアラーがよくわかる本』 。
記事URLをコピーしました