私の雑記
PR

追い込まれている時ほどSOSを出すことが難しいということ

けあけあ
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今じゃないんですが、前に

仕事もどんどんなくなり、貯金が底を尽きそうになり、

比例するようにメンタルも不安定になってきたときに

残していた文章がありました。

結局ここで書いた文章は、そのとき投稿せずに

自分だけに見えるようにしていました。

投稿すれば、いろんな人を不安にしたり、心配にさせたりするだろうと思って、SOSを出すのをやめていたのだと思います。

だからこそ、周りのサポート、そしてその事前の、予防策が大事なのだなと実感を持っているところです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【追い込まれているときほど何もできない】

精神的にも金銭的にも身体的にも追い込まれているときほど、

人の頭は正常に働かず、

精神的にも不安定になり、

結果、何もできなくなっていく。

ここまでいくと正直その人個人の力ではお手上げなところ。

かといって他人もまたそこからはサポートしようがない。

むしろここで関わろうとすれば、その人自体も巻き込まれていく。中途半端な関わりもその人や周りの人にとっても危うくなる。

だとすれば、あくまで他人はひたすらその人が落ちこんでいるのをただ傍観することしかできない。

だからこそ、予防が大事なのだ。

こうなる前のサポートがいかに大事なのかがわかる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

運営者について
飯島章太
飯島章太
フリーライター
元児童相談所職員での経験を活かして、子ども・若者のケアに関わる人たちに取材を続けています。著書に『図解ポケット ヤングケアラーがよくわかる本』 。
記事URLをコピーしました