私の雑記
PR

【うつ病と目】

けあけあ
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

うつ病になって困ったことは、色々あるっちゃあるのだけれど、

個人的に一番げんなりするのは、

「目の焦点が合わない」状態になることだ。

うつ病になる前、私は本を読んだり、文字を読むことがかなり好きだった。

また映画やドキュメンタリーを見るのも好きだった。

それが「目の焦点が合わない」状態になると、

ほとんど何かに目を集中させることが困難になる。

大事な書類を書く際にも超困る。

娯楽だったものが軒並みできなくなる。

それがとても悲しい。

人間にとって視覚は色んな情報を得ることができる重要な感覚なのだと実感する。

運営者について
飯島章太
飯島章太
フリーライター
元児童相談所職員での経験を活かして、子ども・若者のケアに関わる人たちに取材を続けています。著書に『図解ポケット ヤングケアラーがよくわかる本』 。
記事URLをコピーしました